2006年05月13日

iPod携帯

ソフトバンクと米アップルがiPod携帯の開発を検討

なんだか、携帯業界も面白いことになってきましたね!
SoftBankとappleかぁ・・・。

思いつかなかった組み合わせですが、
ITEMS(i tunes music store)のDownroad販売の格安さと、
SoftBankの基本料金の安さが一致したら…。

これはかなりのキラーコンテンツですよ!

現在の日本市場におけるApple i podの人気度なんかを見ても、
i podの存在を知ってる人は多いでしょう。
しかし、LISMOって?と言う人は多いんではないんでしょうか?
(実際、auの音楽Downroadサイトだと言われ、CMを思い出しました。)

しかし、インパクト大きいなぁ…。それに、なんと言っても大きいのは、堂々とi podを名乗れるんですよね〜。
「HDD搭載!」とか、なんか音楽を聴いているCMを見せられるよりも、
i podというビッグネームで十分ですよ。

SoftBankは本当に商売が上手いですね〜。
これで、SoftBank Mobile(仮称)は、料金だけでなく、
携帯端末も相当、面白いものを出してくることがわかったわけです。

それも、DoCoMoが夏モデルを発表した次の日です。
「音楽を強く打ち出したい」――ドコモ新機種の狙いは

これはDoCoMoにとっても、auにとっても相当の痛手ですね〜。
正直、今回の90x系統の新機種、あまり目を引かなかったです。
HSDPAと防水端末には良いなぁと前日は思いましたが…。

i pod携帯の衝撃に比べれば、大したことはありません。
i tunesの音楽管理のしやすさ、
そしてPortable機器を一つにまとめられることの利便性…。
それをSoftBankははじめから、持って市場に出るのかぁ…。

これを新規35000円なら、買ってしまうかもしれないですね。
乗り換えの手間、元Vodafoneのエリアという問題は抱えてますが…。
なんだか思いっきり、楽しみになってきましたね〜。
今回の買収では、現Vodafoneメルアドから変更しないとのことでしたし。

それにもしかしたら、Apple製の端末ですかね?
日本語入力は「ことえりMobile」とか…。
そしたら、デザインまですごく楽しみになってきます。

う〜ん、本気で乗り換えを考える時期に来たのかもしれないな〜。


◆記事に関連するamazonなど◆



Google
posted by faucon at 23:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(2006/05)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17784609
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のエントリ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。